浮気 浮気調査 証拠 探偵 夫 依頼

MENU

夫の浮気調査!証拠集めは探偵に依頼が一番安心!

「夫が浮気しているかも!?訝しい・・・」

 

と思ったら、まず浮気の証拠を読む必要があります。

 

浮気の証拠がない状態で問い詰めても、なんだかんだいって言い逃れやるやつばかりです。

 

まずは嫌疑を強めるだけで、残念ながら浮気はなくなりません。

 

そこで証拠を結わえるわけですが、証拠ピックアップはかなり難しいです。

 

というのも、並み決断で「コレが証拠だ!」と思っても、公判では証拠としてか弱い場合があります。

 

たとえば、最も浮気の証拠として有名なスマホメルアドの交信

 

実はメルアドの交信だけでは肉体誘因があったか分からないので、証拠としては弱いです。

 

仮に会っている様子でも、食事をしていただけと言い分けされたら終わりですからね。

 

大事なのは、公判になったとしても使える証拠を寄せることなのです。

 

そうすることで、すり合わせでは常に有利な立場で話すことができます。

 

離婚するにしても離婚しないにしても、尋ねるのであれば、有利な立場にいらっしゃることに越したことはありません。

 

決定的公判になっても、こちらはかまわないというくらいの気持ちで問い詰めたほうが、効果的ですからね。

 

こんな証拠を集めるには、追尾して画像や画像を撮る必要があります。

 

これを並みがやるのは無理です。

 

基本的にばれるか賢く証拠が取れずに仕上げるかのどちらかです。

 

なので、本気で浮気ネックの射光をしたいのであれば、探偵に証拠を集めてもらってください。

 

ただ中にはろくに調査をすることができない探偵もいますし、かなり悪質な探偵もいます。

 

こうした探偵に相談をしても、浮気ネックは全く解決しないどころか、無駄にお金を使うだけです。

 

そこで私の者で多くの探偵事務所を調べて、調査使い道が高く信頼できる探偵事務所を見つけたので、ぜひ参考にしてください。

 

 

原はじめ探偵事務所

 

フリー相談 あり
匿名 良好
1日の調査コスト 4万円(特質コスト)+8万円〜
プライス 込み

 

 

 

設立から40層以来も行き渡るとても歴史のある探偵事務所。

 

非常に調査使い道が高く、全国に本拠地があるので、出張部分で浮気をしているなんて場合でも現地の土地第六感の生じる調査員が調査してくれます。

 

また、おっきい調査使い道を買われ「逢いたい」「テレビジョンのチカラ」などのTVでも利用されています。

 

料金や機械費などの諸プライスを含んだコスト手配になっているので、追加で高額な経費が請求されるという心配もありません。

 

とても安心して頼める探偵事務所ですね。

 

>>とりあえずフリー相談をしてみるならこちらから

 

 

 

HAL探偵オフィス

 

 

フリー相談 あり
匿名 良好
1日の調査コスト 14万4千円
※調査員3呼称、8時調査の案件
プライス 込み

 

 

HAL探偵オフィスは世の中初の後払いパターンを導入しています。

 

繁盛サラリーで支払う形態になるので、もし追尾がばれてしまった、途中で見失ったなど調査に関するデータを結わえることができなかった場合は、支払う必要はありません。

 

なので、無駄なお金を支払う心配はないですね。

 

コスト手配も「1時6千円/1呼称」と平易です。

 

実際の調査は3呼称以上で行うことが多いですが、プライス込みとなっているので、かなり安くて使いやすいです。

 

>>とりあえずフリー相談をしてみるならこちらから

 

 

合同探偵オフィスTS

 

フリー相談 あり
匿名 禁止
1日の調査コスト 129600
※調査員3呼称、8時調査の案件
プライス 別途お願い

 

 

経費が別途お願いとなってあり、実際に払うコストは少し高めになる可能性が高いです。

 

なので、もし申し込む場合はどれくらい経費が掛かりそうかあらかじめ聞いてください。

 

合同探偵オフィスTSのポイントとしては、浮気調査後のアフターサービスが充実している事柄です。

 

夫婦カウンセラーのライセンスを持っている相談員が、別れや復縁の申し込みを無料で行ってくれます。

 

浮気調査後に手厚いアフターサービスが欲しい場合は、おすすめです。

 

>>とりあえずフリー相談をしてみるならこちらから

 

 

・浮気の慰謝料を浮気相手の母親にお願いしたい!

 

夫が浮気を認めても、離婚するか復縁するかは人それぞれです。

 

「浮気=別れ」という認識がありますが、実は意外と復縁始める人も多いんですよ。

 

ただ復縁講じる案件、夫に慰謝料のお願いをしてもしょうがないので、そういった場合には浮気相手の母親に慰謝料を請求することができます。

 

そのときには決定的な証拠が必要です。

 

いくら夫が浮気を認めたからといっても、浮気相手の母親は否定することもありえます。

 

特に慰謝料を請求するとなったら、急に態度を変えて否定することも物珍しい話ではありません。

 

そのときに証拠が弱いと、「それなら公判を起こしてください」と強気な振舞いができます。

 

「それなら公判をしてやる!」と勢いに任せて公判を起こしても、証拠がなければ慰謝料を取れません。

 

でも、もし決定的な証拠があれば、浮気相手の母親とのすり合わせも私が有利な立場でスムーズに進みます。

 

ターゲットがよほど愚者でない限り、公判を起こさなくても慰謝料を払ってもらえます。

 

法外な売値だと難しいですが、公判を起こした時の時価であれば、払ってもらえるでしょう。

 

ちなみに、離婚する場合は200〜300万円、離婚しない場合は50〜100万円くらいが財テクです。

 

浮気相手の母親と完全につながりを切らせるためにも、お灸を据えたほうが効果的です。

 

「浮気をしたらまたお金がなくなる」なんてリスキーはわざわざ負いたくないですからね。

 

もし浮気ネックを本気で解決したいなら、浮気の証拠をしっかりと掴んだ状態ですり合わせに持っていくようにしましょう。

 

>>とりあえず調査情熱が厳しく信頼できる探偵にフリー相談始める

 

 

・浮気の証拠揃え人間!スマホメルアドやLINEは画像に取れば良好!

 

浮気調査を自分で講じる案件、どう証拠を集めればいいかと苦しむやつは多いです。

 

トップ多いのはスマホメルアドの交信ですね。

 

最近は、iPhoneやタブレットなどでラインを用いるというケースも多いです。

 

スマホやiPhoneやタブレットには鍵が因ることが多いですよね。

 

特に浮気をしているならほぼ間違いなく鍵をしているでしょう。

 

そうなると、鍵を解除する必要があります。

 

直接、「暗証ナンバーを教えて」とカマをかけながら聞きだすのもいいですが、これはあまり有効な手段ではありません。

 

それよりも指の動きを見たり、暗証ナンバーを入力する折をこっそり覗き見るのが最も暗証ナンバーを手に入れやすいですね。

 

浮気相手とメルアドをする時は、夫も当然警戒するでしょうが、軽くアプリで遊ぶ時やwebサーフィンをする時は嫌疑がほぼありません。

 

そういったおごりを狙って、覗き確かめることで、意外と暗証ナンバーは分かることができます。

 

 

そうやってメルアドやLINEの交信を見て、明らかにこっそりと会って掛かることが分かった案件、どう証拠に残すか?

 

そのメルアドを送信するというのも、一案ですが、それよりも楽なのは、あなたが持っているスマホやスマホでメルアドのウィンドウを画像で撮るという企画です。

 

次いで十分に証拠として使えます。

 

ただ上でも説明したように、メルアドの交信だけでは肉体誘因があったかどうかが分かりません。

 

そのため浮気仕打ちとならない可能性があるので、本気で問い詰めたいなら、探偵に浮気調査の依頼をして証拠を集めて味わうのがいいでしょう。

 

>>とりあえず調査情熱が激しく信頼できる探偵にフリー相談やる

 

 

・探偵に浮気調査の代価を安くするオファー企画!

 

探偵に浮気調査を頼むタイミング、漠然と調査を依頼すると非常に高額な料金になってしまいます。

 

例えば、一月ずっと追尾して欲しいなんてオファーをしたら、何百万円もかかりますからね。

 

そういったことを防ぎ、なるべく浮気調査の代価を安くするためには一種大きな肝があります。

 

「浮気していそうなお天道様をあらかじめ把握する」ことです。

 

たとえば、各週金曜日は戻るのが遅いという案件、各週金曜日に浮気相手の母親と会ってある可能性が高いです。

 

それならば、金曜日だけ調査を依頼すれば、調査代価を安くすることができます。

 

他にも出張が多くなったという場合にも、浮気相手の母親と会っておる可能性が高いですよね。

 

こういった色々なデータをもとに、浮気をしていそうなお天道様の予測を立てることが探偵の浮気調査代価を安くするときの肝となっています。

 

浮気をしているお天道様の特殊がちょっとしんどいという場合でも、経験豊富な探偵事務所に相談をすれば、ある程度の予知を立ててくれるので安心してください。

 

ではフリー相談からあなたの浮気ネックの勝利がスタートします。

 

 

>>とりあえず調査情熱が激しく信頼できる探偵にフリー相談する